髪の毛としろくまの秘密

こんにちは!よっしーです!

寒いです、今日なんて雪が舞ってました。
そんな中2015年のよしだは決めたのです。
役にたったりたたなかったりするヘアの豆知識を
ブログでご紹介させて頂こうと!!
せっかくヘアケアマイスターも取得してますので
たまにはそれらしく活動しようかと思いました。
本日の議題はしろくまと髪の毛についてです。
まず、しろくま。みなさんお好きですか?
そしてとりあえずそれは置いときます(笑)
髪の毛の勉強をする時に良く髪の構造は
巻き寿司に例えられます。恵方巻き的な感じです。
中心に芯となるかんぴょう(毛髄質)があり、
それを包み込むごはん(毛皮質)があり、
それを優しくくるむ海苔(キューティクル)がある訳です。
そりゃ、海苔が破れたらごはんがくっ付いて大変です。←これがダメージです。
今日の主役は芯となるかんぴょう(毛髄質)です。
これは髪の毛に必ずしもある訳じゃないんです。
結構芯が無い髪の毛もあります。
じゃあ何故あるのか?
今のところ不明なんです(笑)まだまだ、わからないことがたくさんなんてとってもミステリアス!
ただ、しろくまはその芯の毛髄質がとても太いそうです。毛髄質は炭素を含む構造で、暖かさの鍵を握っているそうです。だから、南極でも平気なんですね。
寒いの苦手なよっしーがお送り致しましたー☆